在留資格に『介護』が加わります

2016年11月18日に、入管法改正案が可決成立しました。

 

これを機に、近い将来、介護の現場で『介護福祉士』の資格を有する外国人(国籍不問)が活躍することになりそうです。

介護事業所において外国人が介護職として働くことに関して賛否が分かれる現状ですが、多くの介護事業所では優秀なスタッフが不足していることは確かです。

 

弊事務所では、日本が大好きな外国人が日本で素晴らしい生活ができるようにサポートしています。

数多くの優秀な外国人と日本人に、これまで以上に良い関係が構築され、明るい未来が訪れることを希望します。

 

介護の現場で必要とされる『外国人介護福祉士』の誕生で、介護の現場がより良い環境になることは、とてもうれしいことではないでしょうか。

 

熊本県行政書士会所属

行政書士真重法務事務所

(在留資格・帰化申請・国際相続)